ピアノ調律師の基礎知識

 音名

 音名の種類

 音名は絶対的な音の高さを表します。異なるオクターブに属する同じ音には同じ音名が与えられます。
日本で使われる音名は「ドレミ」のイタリア語表記がもっとも一般的ですが、楽譜や楽典、音楽業界においては日本語、英語、ドイツ語が多く用いられます。
7つの幹音(♯や♭を付けずに書き表せる音)には独立した名前が与えられ、♯や♭などの派生音には、幹音の音名に♯や♭を表す言葉を付け加えます。

 

イタリア語の音名は最も一般的に使われる「ドレミファソラシド」です。
日本語音名はハ長調、ト長調など、ピアノのレッスンでよく使われます。
英語はポピュラーやジャズにおいてC majorなどコードネームとしてよく使われます。
ドイツ語はクラシック音楽でよく使われる音名です。シ(H)の音以外、表記が英語と同じですが発音は異なります。



 シャープ・フラットの調号による音名表記

シャープ
白鍵の音より半音上の音です。ミの#やシの#は、ファやドと同じ音が出ますが、理論上は別のものとして扱います。
 

イタリア語は音名の後に「#(diesis、ディエシス)」がつきます。
(例:Do diesis ド・ディエシス)。
日本語は、音名の前に「嬰(えい)」がつきます。
英語は、音名の後に「#(sharp、シャープ)」が付くだけ(例:C sharp シー・シャープ)。
ドイツ語は、音名の後に「is(ィス)」をつけて読みます。
1音節で発音できるのが特徴です。

フラット
白鍵より半音低い音です。シャープ同様、ファの♭やドの♭は、ミやシと同じ音が出ますが、音楽理論上は別のものとして扱います。
 

イタリア語は幹音名の後に「♭(bemolle、ベモーレ)」がつきます(例:Do bemolle ド・ベモーレ)。
日本語は、幹音名の前に「変(へん)」を付けます。
英語は、幹音名の後に「♭(flat、フラット)」が付くだけです(例:C flat シー・フラット)。
ドイツ語は、幹音名の後に「es(ェス)」をつけて読みます。ただし、EesとAesは発音しにくいのでEs・Asになります。またシの♭はHesではなくB(ベー)です。

ダブルシャープ
2半音(全音)高い音です。ドのダブルシャープはレと同じ高さですが理論上区別します。
 

イタリア語は音名の後に「 (doppio diesis、ドッピオ・ディエシス)」がつきます(例:Do doppio diesis ド・ドッピオ・ディエシス)。
日本語は、音名の前に「重嬰(じゅうえい)」を付けます。
英語は、音名の後に「 (double sharp、ダブルシャープ)」が付きます。
ドイツ語は音名の後に「isis(ィシス)」をつけて読みます。

ダブルフラット
2半音(全音)低い音です。
 

イタリア語は音名の後に「 (doppio bemolle、ドッピオ・ベモーレ)」がつきます
(例:Do doppio bemolle ド・ドッピオ・ベモーレ)。
日本語は、音名の前に「重変(じゅうへん)」を付けます。
英語は、音名の後に「 (double flat、ダブルフラット)」が付きます。
ドイツ語は音名の後に「eses(ェセス)」をつけて読みます。これもEesesではなくEses、AesesではなくAsesを使います。「シ」のダブルフラットはHeses(ヘセス)ともBes(ベス)ともいいます。


 ピアノ調律における音名表記

ピアノ調律理論の音名表記においては、最低音から鍵盤ナンバーと英語式の音名を組み合わせたものを使用します。
最低音から1A,2A♯・・・最高音は88Cと呼びます。
例えばピッチ指定の表記は「49A=440Hz」というようになります。
また黒鍵はすべて♯(シャープ)で表します。
 →階名対照表




 理論と作業工程
 第1章 ピアノ概論
 1 音楽の知識
 楽典
 西洋音楽史
 楽曲
 作曲家
 音楽産業
 2 楽器の知識
 楽器の分類
 ピアノの種類
 ピアノ発達史
 世界各国のピアノ
 使用と保守管理

 第2章 ピアノ構造論
 機構と材料
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構
 外装

 第3章 ピアノ調律論
 音の性質
 ピッチ
 平均律と各種音律
 検査方法
 張力計算
 カーブ
 調律音程

 第4章 ピアノ整調論
 手順及び寸度
 関連工程
 症状別対処法
 機能点検

 第5章 ピアノ修理作業
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構







ピアノ調律師の基礎知識ピアノ調律技能検定サイトマップ|  
copyright © pianotuner.jp