ピアノ調律師の基礎知識

 音程

音程(インターバル)とはふたつの音の高さの隔たり、あるいは関係をさします。通常7音を音階上で数え1度から8度の度に分類された上で、細分されます。1度はユニゾンとも呼ばれ、この場合は隔たりはゼロになります。7音の音階上で隣り合う2音の音程は1度ではなく、2度になり、また8度はオクターブとも呼ばれます。

1オクターブの中における音程
完全1度 同度のものをいう。
短2度 二音間に半音が1つ
長2度 二音間に半音が2つ
短3度 二音間に半音が3つ
長3度 二音間に半音が4つ
完全4度 二音間に半音が5つ
完全5度 二音間に半音が7つ
短6度 二音間に半音が8つ
長6度 二音間に半音が9つ
短7度 二音間に半音が10つ
長7度 二音間に半音が11つ
完全8度 二音間に半音が12つ

増・減
長または完全より半音広い音程に「増」、2半音広い音程に「重増」ということばを付けて呼びます。
短または完全より半音狭い音程に「減」、2半音広い音程に「重減」ということばを付けて呼びます。

基音Cに対しての音程一覧
音程 表記 半音数
重減8度 C -2
減8度 C♭ -1
完全1度(完全8度) C 0 (12)
増1度 C♯ 1
重増1度 C  2
減2度 D 0
短2度 D♭ 1
長2度 D 2
増2度 D♯ 3
重増2度 D 4
減3度 E 2
短3度 E♭ 3
長3度 E 4
増3度 E♯ 5
重増3度 E 6
重減4度 F 3
減4度 F♭ 4
完全4度 F 5
増4度 F♯ 6
重増4度 F 7
重減5度 G 5
減5度 G♭ 6
完全5度 G 7
増5度 G♯ 8
重増5度 G 9
減6度 A 7
短6度 A♭ 8
長6度 A 9
増6度 A♯ 10
重増6度 A 11
減7度 B 9
短7度 B♭ 10
長7度 B 11
増7度 B♯ 12
重増7度 B 13


 転回音程

音の上下の関係をおきかえることを転回といい、音程を転回することで、その結果生じる音程を転回音程といいます。単音程で原音程と転回音程の度数の関係(2度の転回音程は7度など)は、数を足すと9になります。転回による音程の結果は長←→短、増←→減、重増←→重減(重増2度の転回音程は重減7度など)となります。また完全は転回しても完全になります。
1オクターブを補うという意味で長2度の補足音程は短7度という言い方もします。


 異名同音音程

平均律においては半音の数が同じであれば、二音間の周波数比は等しく、物理的に同じ音程となるので、同じ音程に聞こえます。たとえば、重増1度と長2度と減3度とはいずれも半音の数は2になります。しかし、楽譜上、同じ高さにかかれていれば重増1度であり、2度であれば長2度であり、3度であれば減3度であって、音楽理論上これらは厳密に区別されます。これは、実質的に同じ音である重嬰ロ(B)音と嬰ハ(C#)音と変ニ(D♭)音が理論的には区別されるのと同様で、これらの音を異名同音と呼びます。





 理論と作業工程
 第1章 ピアノ概論
 1 音楽の知識
 楽典
 西洋音楽史
 楽曲
 作曲家
 音楽産業
 2 楽器の知識
 楽器の分類
 ピアノの種類
 ピアノ発達史
 世界各国のピアノ
 使用と保守管理

 第2章 ピアノ構造論
 機構と材料
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構
 外装

 第3章 ピアノ調律論
 音の性質
 ピッチ
 平均律と各種音律
 検査方法
 張力計算
 カーブ
 調律音程

 第4章 ピアノ整調論
 手順及び寸度
 関連工程
 症状別対処法
 機能点検

 第5章 ピアノ修理作業
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構







ピアノ調律師の基礎知識ピアノ調律技能検定サイトマップ|  
copyright © pianotuner.jp