ピアノ調律師の基礎知識

 ピアノ発達史年表



西暦 ピアノ発達史
1523 アロン(伊)、ミーントーンの考案 
1598 ピアノ・エ・フォルテと言う鍵盤楽器の名が記録に残っている(伊)
1691 A.ヴェルクマイスター、全ての調の演奏が可能な
Welltempered tuningを開発
1709 イタリアのフローレンスのクリストフォリ、最初のピアノを発明(54歳)
1720 クリストフォリ、現存する世界最古のピアノを製作。
1722 J.S.バッハ、平均律を彩る
1730 ジルバーマン最初のピアノ製作(独)
1733 ジルバーマン、J・S・バッハにピアノ贈呈
1745 ジルバーマン 現存のピアノを製作(独)
1747 J・S・バッハ、フリードリッヒ大王の前でジルバーマンのピアノを演奏
1759 ジルバーマンの弟子、ヨハン・アンドリアス・シュタインがピアノ製作
1773 ジョン・ブロードウッド創業
シュタイン、エスケープメント アクションを発明(独)。
1777 アダム、バイエルが作ったスクエアピアノにラウドペダルを使用(英)。
1778 シュタイン、ペダル付きピアノを製作
1780 ブロードウッド、スクエアピアノを改良、グランドピアノを完成(英)。
シュタイン、モーツァルトのピアノを調律(ピッチ A422Hz)(独)。
1783 ブロードウッド、強弱ペダルとグランドの特許を取得
1796 エラール、イギリス式アクションを採用して最初のグランドピアノを製作(仏)。
1800 ジョン・アイザック・ホーキンス、アップライトピアノの原型を発明(米)。
1802 トーマス・ロード、交差弦の特許取得。
1803 エラール、ベートーベンにピアノ贈呈(仏)。
1807 プレイエル、ピアノ製作開始(仏)。
1808 ジョン・ブロードウッド、鉄桿を使用、又初めてグランドピアノに
鋼鉄線を張る(英)。
1817 ブロードウッド、ベートーベンにピアノ贈呈(6オクターブ)
1819 ワイヤーを作るダイヤモンドダイスの出現
1820 ブロードウッド、メンデルスゾーン使用のピアノを製作(6オクターブ)。
1821 エラール、ダブルエスケープメントアクションを完成、特許取得(仏)
フレデリック・ウイリアム・カラード、共鳴弦のパテントが出る。
1823 チッカーリング、ピアノ製造開始(米)。
1828 ウイーンでベーゼンドルファー創業(墺)。
1835 鋼鉄線の製造が始まり、ピアノ製作に一大革命をもたらす。
1836 H・シュタインヴェーク、ピアノ製作開始(独)。
1839 プレイエル、ショパン使用のピアノ製作(6オクターブ5度)
1840 チッカリング、総鉄骨の特許取得(米)
1849 スタインウェイ一家、アメリカに移住
1851 ブロードウッド、完全なメタル フレームのグランドを完成(英)。
1853 ニューヨークでスタインゥエイ創業(米)
ブリュートナー、ライプチッヒでピアノ製作開始(独)。
ベヒシュタイン、ベルリンでピアノ製作。
1859 スタインウェイ、二重巻線弦の特許取得
1862 モンタル、ソステヌートペタルを考案(英)。
1880 スタインウェイ、ハンブルグに工場建設(独)。
ベヒシュタイン、リスト使用のピアノを製作(7オクターブ3度)。
1885 A.J.エリス、音程値単位セントを発表
1887 山葉 虎楠、純国産オルガン製作(日)
1897 山葉 虎楠、日本楽器製造株式会社設立(日)。
1900 ヤマハ、アップライトピアノ第一号製作(日)。
1903 ヤマハ、グランドピアノ第一号完成(日)
1909 スタインウェイ、ベルリンに工場建設(独)
1927 河合楽器製作所創業(日)
1950 ヤマハ、戦後初のコンサートグランドピアノ製作(日)






 理論と作業工程
 第1章 ピアノ概論
 1 音楽の知識
 楽典
 西洋音楽史
 楽曲
 作曲家
 音楽産業
 2 楽器の知識
 楽器の分類
 ピアノの種類
 ピアノ発達史
 世界各国のピアノ
 使用と保守管理

 第2章 ピアノ構造論
 機構と材料
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構
 外装

 第3章 ピアノ調律論
 音の性質
 ピッチ
 平均律と各種音律
 検査方法
 張力計算
 カーブ
 調律音程

 第4章 ピアノ整調論
 手順及び寸度
 関連工程
 症状別対処法
 機能点検

 第5章 ピアノ修理作業
 発音機構
 打弦機構
 ペダル機構



ピアノ調律師の基礎知識ピアノ調律技能検定サイトマップ
copyright © pianotuner.jp